スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

長回しシンクロの話。

6作目でございます。


出ました問題作。

コンセプトとしては「普通の女の子っぽい伊織を見せる」でした。
で、なんだかんだでこうなっちゃいました。

普通だから学校の体育館とか安直に考えて見切りで作り続けた挙げ句、消化しきれず「シークレットライブ」とか言い出す始末。ほんと申し訳ないっす。

曲はパフォーマンスの質がすごく高かったので採用したのですが、あまりにも歌詞が電波チックで、視聴された方が明らかに引いているというですね。また伊織の実際のお兄ちゃんは彼女が越えるべき目標とするほどご立派な方だけに、違和感ってレベルじゃねえ程浮きまくってますね…

どうもこの曲は打ち込みじゃないようで所々BPMがバラけるので、一曲分シンクロさせるのがえらい大変でした。半小節づつ動画をバラして、再生速度を調整しながらシンクロさせています。どこかで読んだ「シンクロは足腰の動きに合わせる」理論に基づき調整。勉強になりました。

あと知人P担当のEDパートですが…全くのノーリアクションに近いのでなんとも言えないのですがwとにかく釘宮さんファンのお怒りを買ってないことを切に祈るばかりでございます。ちなみに出展は、ドリキャス版「みずいろ」GD-ROMのトラック2、だそうです。いわゆる再生禁止警告音声ですね。

えびP最大の問題作と自負するこの作品ではありますが、ともあれ普通の中学生っぽい伊織が、ノリのいい曲でかわいくごまえダンスを踊ってて気持ちいいなあ、と少しでも思っていただければ幸いでございます。

ちなみに体育館の実写イメージは、某漫画の舞台モデルになっている、鹿児島高校のものです。

2008年02月29日 | 自作MADのお話 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。