スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

恋してるんだ君だけをベイベー、とかの話。

なんかこの前夢を見て、それがまた初めて見た伊織の夢で、さらには出てきた伊織が25歳という、なんとも痛々しい感じの内容だったんですよ。
Twitter方面で夢診断してくんねえかなあ的にサラリとつぶやいてみたら異様に食いつかれてしまって大慌てだったわけですが。

背が高くなってて、すごく美人さんでしたよ。
とても柔和な表情をしていました。憑き物が落ちたような。
どういう過程を経てそうなったのか知る由もないのが、ちょっと悔しい。
今でも恋してます。また逢いたい。でも逢えない。ぬうう。

というお話だったとさ


以下「本日のいおりん」。私なりの。↓

「本日のいおりん」 二十四本目

サーディP 【アイドルマスター × capsule 「Starry Sky」伊織・雪歩・真美】

サーディPの伊織が拝めるとは思っていなかった。嬉しい!

伊織はメタリックな手触り、マテリアルな匂いが、実は良く似合うと思っている。
ふわりとかわいらしい伊織もいいが、私はそういう伊織のほうが圧倒的に好きだ。

伊織の魅力の一つは、人形の造形美のそれ、だと思う。

もちろん彼女達は、彼女と呼ぶのもおこがましい、ただのデータの集合体だ。そんなことは百も承知なのだが、動画を見たり、編集している時にふと、人形の手触りを感じる時がある。
人形なら可愛いお洋服を着せて愛でるのが筋というものだろうが、私は「人形」を、どうしても無機物として見てしまう。それは決して物体として蔑むのではなく、その意匠や造形術に興味を示す、という意味でだ。

その「人形」達の中でも伊織は、可愛い、ではなく美しい、と思ってしまう。
それは完成された美しさではなく、垢にまみれた手で触れてしまうだけで瞬時に台無しになるような、そんな危うく儚い美しさ。
そんなだから私は伊織を、無機質な世界に佇ませたくなってしまうのかもしれない。
それが良いことなのか悪いことなのか、私には分からないけれど、それも間違いなく彼女の居場所のひとつだ。

ガラスケースに入れられた精巧で美しい人形を、ほんの少しの羨望を以ってただ眺め続ける、そんな心地よい感覚。それは決してネガティブなことではない。

それがこの作品を見て感じた私なりの感想だ。

2008年07月01日 | アイマスMADご紹介 | こめんと 3件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

夢にまで伊織が出てくるとかどんだけなのかってwwwwww
いやねぇ俺も春香が夢にとは思うものの・・・
ここの所夢見る暇が無いよwwww

えびPの伊織愛は怖いほど凄いっすね!という話

2008年07月02日 / ヨル #-URL【編集

3 ,4年後の伊織は妄想したことあるけど25かあ
「レディー」という単語が似合いそうだ

2008年07月02日 / ととす #NeR3TYh6URL【編集

>ヨルP
四六時中伊織のことを考えている私にしては、むしろ夢に出てくるのが遅すぎたくらいだ!
あと怖いって言うなw

>ととっさん
完璧な淑女でした。あ、やっぱお嬢様なんじゃん!って納得した。
あとおっぱい大きかったです

2008年07月03日 / えび #YUnqwnA6URL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。