スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

語られへのお返事書きました、の話、その17。

あ、日付変わっちゃった。
11月ですね。

引き続きましてというか本日一発目。
すごいの作ってすごい紹介するすごい人「右向いたら左向くな」のディープPです。
作品よりディープPへの語りのほうが多くなった!ふしぎ!

語り記事はコチラ

(↓以下長文格納)

>ディープP
語りありがとうございました。
もんげ以来、すっかりご無沙汰して申し訳ないです。
色んな意味で素敵なPのあずささんが、そろそろ見たいです!

「俺はなんでもあり」
さすがにいきなり奥深ぇ…
こんなん作っておいてナンだけど、それは私も欲しい。
えびPは本当に臆病だから、伊織をズラにするどころか
おまんPの伊織を見ただけで激しく凹んでしまう始末。
嫁にするだけでなく孕ませるまでに至る秘訣を見た。
なんでもありで伊織を作れるPになりたい。マジで。
それが表現力ってもんでしょう。
ところで。
ディープPともんげ団結でご一緒させてもらった時の話を少し。
私が担当箇所を提出した少し後に見た、彼のあずささんパート。
そう、アレですよ、アレ。
そのサンプルをみて私は、提出作品を慌てて引っ込めた。
20秒の動画に詰まった「なんでもあり」を見て
私の動画は、あれに団結するに足らんと思った。
P作品は、見るといつも鈍器で後頭部をゴツかれる感覚がする。
爆睡してても思わず目覚める痛さとでもいうか。
それを目の前鼻っ面でやられたんだからタマランです。
キレイに見せるだけの伊織じゃイカンと、それこそ目が覚めた。
でも張り切って直して、ただの汚しにしかならなかったというね。
やっぱり「なんでもあり」は奥深ぇ…

そんな先輩に「最高傑作」とまで言わしめた。
これは本当に嬉しい。してやったりだ。
マジでありがとうございます。

「わからなかった」
これはもうひたすら、すいませんとしか言いようが無い。
正直、置いてかれた感なんて全く考慮せずに作ってた。
こちらの思惑をキャプションで説明するのも野暮かなと。
これはもう丸投げでそれぞれ解釈してもらおうと思ったけど、
パッと見た人はそこまで考えないよなぁ…
多分ほとんどの人はツンデレのヤンデレかフーンで終わるよね。
でも、それはそれでいい、とディープPは言ってくれた。
こういった作品を伊織で描くことをよし、としてくれた。
私も、なんだかんだと言い訳半分に語ってはみたものの、結局はその評価が素直に嬉しいし、えびPが一番欲しかったモノなのかもしれないなぁ。
こういうスタイルの作品は、是非またやってみたい。
その時には俺、もっとなんでもありにするんだ…


2008年11月01日 | 語り語られてみよう | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。