スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

語られへのお返事書きました、の話、その11。

引き続きましてこちらー

動画紹介blog」のサブシン氏。ブログ名がシンプルで清々しいなあー
そして氏は、えびPが驚く語りをしてくれたわけですが…詳しくは折りたたみにて。

語り記事はコチラ

(↓以下長文格納)

>サブシン氏

騙り、もとい語りありがとうございます。
ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`ν゜)・;'.

「いばら姫」
時が動き始めていばら姫が目覚める。
目覚めた時そこに誰がいたか。そんなことよりも。
目覚めさせてしまった要因はなんだろう。
目覚めなければこの伊織は、伊織のままだった。
運命をも狂わす出来事が、この先起きてしまうのに。

「月とミラーボール」
私の中での解釈というかコンセプトは、氏の解釈が実は近い。
月とミラーボールは同義。
常に伊織を照らすものという意味。
伊織を照らすべき存在が、黒い獣を巻き込んで落下する。
月はなんだ。闇は。伊織は。
それぞれのスタンスというか、ロールは私の想定にほぼ一致する。
下に書いてあったレスコメも含め、お前は俺か!の心境。
驚いた。

「絶叫」
あの一瞬の顔の後、伊織の印象を意図的に変化させている。
映像に赤みを多用していることに気付くと思う。
それを強調するため、次シーンからの18秒は衣装がブラッドレザーだ。
ちなみに冒頭の血痕の表現も、赤の象徴として入れた。
結果誤解を招くことになったが…
刹那の安堵か、狂気の誕生か。
いずれにせよそれが、「貴方」に出会って狂う運命。

「うさちゃん」
すばらしい。
うさちゃんは伊織の本質を象徴する存在。
彼が発する闇こそ、伊織の闇でもある。
それは閉ざされた世界に充満する闇。
一見屋外に見える月の世界も、実は閉塞感漂うことに気付く。
まるで舞台装置が壊れたように落ちる月が最たるもの。
そして、果たしてうさちゃんだけが、闇の主だったのかな。

「今はこれが精一杯」
サブシン氏は大変なものを盗んでいきました。
それはえびPの心です。

2008年10月27日 | 語り語られてみよう | こめんと 1件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

はじめまして。
最近は動画紹介をしていない「動画紹介blog」の管理人サブシンです。
語り記事へのご返答ありがとうございます。

>目覚めさせてしまった要因はなんだろう。
また、新たな問題ですねー。
いばら姫の原作を読むと100年の眠りは最後の予言者による死を免れるための処置で、100年後にやってきた王子はまさしくタイミング良くやってきた人ですよね。
だから私は「時が来た」から目覚めたんだと思いました。それと「血」を組み合わせると…アノ日か(この変態!ドry

>果たしてうさちゃんだけが、闇の主だったのかな
うさちゃんは伊織と一心同体だと思ってます。表裏一体の方が正しいかも。
この辺りは原作でも眠っていた部分ですし、王子(P)にも会う前なので伊織の原点を知らないとダメかなと思ってます。

>サブシン氏は大変なものを盗んでいきました。
それはえびPの心です。
(「かいわい!」を見て)…そ、そんな何も期待なんかしてませんよ!??

語り記事の最後に書きましたが、今回の件で原作への興味が一際増しました。
いつか時間をとってアイマスはやってみたいですね。

2008年10月28日 / サブシン #cvzXk6ugURL【編集

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。